2017年3月22日 (水)

変更先URL

http://mujiss99.seesaa.net/

よろしくお願いいたします。

2017年3月21日 (火)

ブログ引っ越しします

今使ってるブログサービスが3月31日で終了するので、新しいブログに引き継ぎます。

またURLが決まれば掲載します。

よろしくお願いいたします。

2017年3月10日 (金)

ネット通販が岐路

ヤマトの荷物抑制への動き。
あれは集荷の際の特約運送契約の是正も含まれてるみたいですね。


だから値上げは27年ぶりの基本料金見直しなわけで、
本丸は、特約運送契約(法人)の見直しかと。

ヤマトが値上げするということは、他の運送業者も値上げするという流れ。

それをふまえたら、アマゾン含めたネット通販が岐路に立ってるのでしょうね。


だから結果的に、ヤマトへは持ち込みすれば喜ばれます。
それは、持ち込みの足すらない、右から左の業者は負担が増えるということかなと。

ネット通販の業界は、「楽して儲けたい」業界でもあります。
すぐに手抜きしたがるし、勝ちしか知らない、にわか業者が多いのも実情なのです。
Amazonのギフトサービスを使った無在庫転売はその最たるものでしょう。

https://togetter.com/li/1056158

2017年2月24日 (金)

仕入れのトレンドの節目。

二段階の値上げとか、要は先どり値上げってことですよね。

これみてて、年々早くなる、季節商品のセールを連想してしまいます。

どこまで早くしても限界があるというか、

今、春物でも、さすがに夏物は売れないかなと。

2強だとか2.5強だとか、系列の人にとっては大変だけれど、

PBにはある意味関係ないです。

2.5強の0.5があれば(C社が残った)、それだけでもありがたい話。

それよか輸入採算価格との兼ね合いらしいですね。

「仕入れのトレンドがここにきて再び変わりつつある」

という認識でしかないのですよ、PBからしたら。

2017年2月22日 (水)

建前が本音に変わったのに。

「地域密着」という言葉は半分当たってて半分外れてる。

聞こえはいいけれど、それは役所の建前や方便に似ていて、

それだけだと割を食う(時間を食われる)というのが今の素直な実感。

この時期、確定申告で使うのか、領収書を集めに来るお客さんがいる。

さらには水増しを要求する始末。

理由は「普段買ってるから」

ひと昔前なら、それでも通ったかもしれない。

でも時代は変わって、いわゆる「おいしいとこどり」の確定申告は無意味になってきているのかなと。

ドライと言われようが、その書類の行き先を考えたら、てごころは控えるのがスジかと思う。

建前が本音に変わった。

マイナンバーに例外はない。

2017年2月 8日 (水)

程よく下がってくれるとありがたい

灯油がこのタイミングで平均下がってますね。

もう売値は固定ですから、下がった分だけ儲けです。

あとは春先、ズブズブと寒さが長引けば、利益貢献間違いなし。

ところで、今年の相場を見て思うのは、

相場をいくら弄(いじ)ろうとしても、

需要が弱いから、値上げも腰折れになってるなと。

元売も、当然このタイミングでガソリンを上げていきたいところでしょうが、

市場の反応は鈍ってるように感じてるのではないでしょうかね。

合併するから会社としては安泰でも、

社員さんは待遇含めて、生き残り大変ですね。

2016年12月31日 (土)

来年もあっという間かな。

結果的に12月価格(運賃無し)ですが、

レギュラー 99.2-53.8=45.4
軽油 45.8
灯油 54.4

灯油は割高かなと思いますが、営業さんの顔立ててます。その分ガソリンと軽油を値引きしてくれてるので良しかなと。 サイトですし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ST31掲示板より抜粋。

■原油コスト    

年末最終価格は、ブレント56.7$ ドバイも53$として 
    × 為替117円 ÷159L  =ちょうど39.0円/L

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

年明け、ガソリンは確実に上げと思って値付けします。

12月はほんとあったかったです。
今年は人員の加減で久々に灯油の配達をやりましたが、お風呂タンクの計画配送は年相応でも、ストーブのポリやドラムが減りません。
ガスも出荷量悪いですし、マイナス要因に満ちてますね。今年は競合対策のガスの値下げもあったので、あえて収益は細かく見てません。
収益見てたら下げれないということです。苦笑。

それでも多方面にわたってたくさんの収穫のある12月でした。
時間のやりくりに腐心した結果、来年はそれが貯金となって帰ってくるわけで、この冬の繁忙期を抜けたら、春からは営業中心の会社に変化していこうと思ってます。

今年の年末は洗車機がない分、店頭はゆったりとしています。
計画配送もあと2軒ほどで終了。昼には店は閉めて、ローリー車で一人待機して終了です。

終わってみれば、「あっ」という間の年末でした。

来年もよろしくお願いいたします。

2016年11月10日 (木)

細々と。

R95.2 D41.2 

K46.0!

サイトですが、灯油は高く売ってるから、どんとこいな心境です。

営業もいろんな立場があるみたい。

それよりか、この先、玉が細った時のために、ルート確保しておこうかなと。

したたかに。

2016年10月20日 (木)

反面教師

スタンドという業種は、石油だけで収益は出ません。
5%-8%の薄利だからです。

給油にきてくれたお客さんに
「石油外」収益という名目の物販をしなければ基本やっていけません。

先日、面識のある同年代の経営者の話が聞こえてきました。

両人とも、油外収益に長けてます。

それだけに、
方や「先代から借金返済」
方や「自分の体」
と引き換えに、大事なものを無くしてしまってます。

自分は現在無借金でマネージャー気質なので、
ここまで自分を追い詰めることはないと思いますが、
彼らを反面教師にすべきかなと。

まずは自分自身が余裕を持つこと。
そのうえで、取り巻きが皆、余裕を持って、笑って仕事できるように、、、

そのためには、他人から言われる何気ない一言にしっかり耳を傾けていこうと再確認してます。

お金に時間も自由も左右される人生は自分は嫌だし、
それは人間だれしも同じだろうと思うわけです。

2016年10月18日 (火)

節目

価格面で値上げが急速ですね。

かろうじてガソリンは99円あたりで買えましたが、

灯油と軽油はガソリン比で2~3円安のレベルまで引きあがってきました。

当然小売り市況も値上げしていくはずですが、、、

この時点でも動きなし。

あいかわらずのレスポンスの悪さにため息が出ますが、

これも人間のすることだと思えば、サラリーマンならなおさら、

その立場なら仕方ないかなと思えてきただけ、自分も大人になったかな。苦笑。

もっと客観的に見れば、安かった原油の恩恵も、このあたりで一旦節目かなと。

他はどうであれ、冬の繁忙期に備えて、しっかり値どりしていきます。

今日からではないです。昨日からです。

2016年10月 5日 (水)

海が荒れる

パキスタン人のお客さんいわく、
明日の大阪は港は全て動かないとのこと。
すでに今日も昼までだったらしい。

どの国に行っても、天気は港が一番正確らしい。

船に積む荷物。
船員。
すべてが財産であり、それを守るという認識から。

ところで台風による慢性的な天候不順は、
あらゆる現場の遅れを引き起こす。

職人さんもうんざり。。。

雨もほどほどにしてほしいと皆が願う。

2016年9月10日 (土)

歪み

元売が業転出しながら、元売子会社セルフが調整弁って、ほんと歪んでますね。

生産量の調整が自然淘汰でなされなかったことで、

またトバチリがPBに向かってる噂を聞きました。

ということで、C社は生き残ったみたいです、ハイ。

2016年6月15日 (水)

参考価格。

R98.5 D72.6 

14日入荷分。

上げのトレンドかと思ったら、また下げですか?

どのみち月初の値上げでベース決めてる感じですね。

実際、現物買うのに、深読みはケガの元かなと常々思ってます。

2016年5月27日 (金)

経営費用

夏に決算だけど、早めの年度末対策。

お金を使うのはむつかしい。

使ってみようとすると安く済むこと多い。

逆に使うとこはいくらでもある。

だから安くなるに越したことはない。

「大胆かつ繊細に」がコンセプト。

動き出しが早い分、今までとはちょっと違う感覚でやってます。

ところで経費って簡単に言うけれど、稼いでなかったら使えないもの。

経費とは経営費用のこと。。。

読んで字のごとく、経営するにあたって必要な費用。

個人ならグレーもあるかなとは思うけど、

舛添さんみたいな税金からめた公私混同の使い方はほんと下品だと思う。

あれがまかり通るなら、毎日「会議費」でうまいもん食えちゃうわ。^^:

2016年5月13日 (金)

仕入れは上がっても売値は変わらず・・・

R95.0 D36.5 K36.9  サイト

さて、ガソリンの税込仕入れ価格が、95*1.08=102.6円。

巷の最安値、104円だと、利益は1.4円。

おかしな業界ですが、まだ続くんでしょうね。

2016年4月23日 (土)

4月初めの底上げ以降はプラマイ0計算

R93.3 D35.3 K34.9 

実際買ってる価格を掲載しても、

そんな価格はないというのが元売りと役所の建前ですよね。苦笑。

2016年4月21日 (木)

ありもしない価格?

RIMへの報告価格がありもしない価格だとか。

下げるために恣意的に報告?

RIM価格というか、運賃なしで届くんならそれで良しだったんですが。苦笑。

いつぞやの「RIMマイナス2円」

それこそありもしない価格なのでは?

しったかは鼻で笑われますネ。

2016年4月 9日 (土)

仕入れは上がったけど・・・

R92.8 D36.2 K36.5 届け 運賃1円 

小売り市況、ここ数カ月、かなり利幅の薄い競争となってましたが、

上がったといっても、プラス3円ほど。

それだとスライドでしかないので、さらにもう一段の値上げがあっても不思議ではないのですが、そんな気配すらしません。

「ねじれ」現象はまだまだ続きそうです。

2016年4月 2日 (土)

業転高?

送られてくるFAXが軒並み高いですね。

かといって、3月末にしこたまため込んだタンク業者もいるでしょうし、

案外4月の前半は、+3円くらいを見ておくのがいいのかなと。

どちらにしろ小売りは値上げですかね。

2016年3月26日 (土)

消費税を封じて本丸へ

本丸=憲法改正?

そうではないらしい。

本丸は「年金改革」

支給年齢を引き上げたい。

年寄りは金持ちと言わんばかりの論調が出だしたら確定。

いつのまにか18歳から選挙権が与えられている。

不満をあおって若い層を取り込む。自民党の弱いところ。

2016年3月25日 (金)

89.1*1.08=96.2円 

R89.1  D32.0 K35.3  堺製油所出し 届け価格・運賃1円含む。

灯油は妥協価格で、あとはそれなりに。

十分安いはず。笑

年度末ですもんね。

2016年3月18日 (金)

やるなら総括原価方式をやめてから

わかってたけどほんとにやるのって話。

大阪ガスは、

プロパンガスのお宅に電力自由化を理由に訪問して、

都市ガス転換を現在も盛んに行っております。

来年、関電にガス商権を奪われるまでの少しの猶予を生かして必死なんでしょう。

でもね、公益事業をやってる関係で、税金を山ほど使える会社が、

純の民間会社から商圏を奪っておいて、何かおかしくないか?と言いたい。

やるなら総括原価方式をやめてからでしょ。

ま、馬の耳に念仏。。。かな。

2016年3月14日 (月)

それでも人は辞めていく。

年収400万。
30代には大きな壁。

単調仕事なら一生拝めない額かと。

先日見た、郵便局の求人広告。
配達員、月21日、8時間の勤務で、月収16万。

稼ぎたくても稼げない、厳しい現実。

2016年3月11日 (金)

あったかかった冬も終わり。

R87.1  D31.4 K35.3  堺製油所出し 届け価格・運賃1円含む。

灯油は年度末なんで値切り無し。それでも下がってきましたね。

しかし近年まれに見る冬のあったかさ。

それでも原油安の恩恵でチャラ。

これからはこんな冬ばっかりかもしれないなとちょっと不安でもありますが。。。

2016年3月10日 (木)

つけたり消したり。あぶないやん!

原発について。

そんなに、つけたり消したりばっかりやってたら、

余計に事故が起こるのではと不安になりますね。

しかし関電も必死です。

なんせ核のゴミを夢のリサイクル燃料と謳って、資産に計上しているわけですから。

BSの資産が負債と紙一重。

負債になればやっぱり債務超過なんでしょうか?

こんなこと、時価会計では即アウトなんでしょうが、

そうならないあたりが、見え見えの不可侵の利権ということなんでしょうね。

再稼働ありきが既定路線ということかと。

2016年3月 9日 (水)

ぼちぼち書きますか。

R84.3 D31.2 K35.3  2月平均単価 運賃無し。サイト。

大阪ってところは安く買ってもつくづくつまらんところです。

今でもENEOSが95円税込で売ってますからね。

2016年1月30日 (土)

質=利益率アップ

少ない資金で良い粗利。

今の石油販売は総じてそうなってますよね。

ところで元売りの言う「量より質」は言葉のまやかし。

直売(量)

卸(質)

確実に両方を追ってますから。

今に始まったことではありません。

そうでない販売側のやるべきことは、量の減少分を質で補うこと。

現に灯油なんか、完全にどこも値どりしてますよね。

それでいいんだと思います。

商売なんだから。

2015年12月16日 (水)

商品は飽和しては新しい物が出てくるのが常

今年は暖冬ですね。
灯油がサッパリ売れません。

ここから寒くなっても、失った機会損失は大きいです。
さらには、ガソリンが底なしに安くなってます。

売れない店は安い在庫に中々入れ替わりません。

石油販売は掛け算の商売ですから、
XとYが減れば
売上がダブルで減ってしまいます。

その減った売上で年末の支払をするので、
キャッシュフローは最悪です。

この年末で同業者に新たな脱落者が出ないとも限りません。

我々の同業者は、
「石油」という圧倒的な商品力に長年かまけて、
視野が狭い人が多いような気がします。

商品は飽和しては新しい物が出てくるのが常。

そんな中でも色あせない商品力に感謝はしても、
それを売ることが特別だとは露とも思わずやっていけたらと思っています。

2015年12月 7日 (月)

高いのか安いのかなんて二の次。

R97.0 D47.6 K44.9

仕入れを競っても、

それをどう商売につなげているかが大事だと思うんです。

つまり、最終的に利益がいくらあるのか。

今の展開は下がれば下がるだけ利幅が広がる理想的なパターンかも、、、デス。

2015年11月21日 (土)

多角化はコアビジネスあってこそ

燃料販売は、今後もますます厳しい時代だと思います。

燃料だけに頼った商売では、パイの縮小にこれからもずっと土台を揺るがされていくばかりです。

もう「上がり」の人たちはいいのです。

良い時代に商売できて、それだけで一代を全う出来たわけですから。

だから現状維持だけで、新しい発想もなく、ため込んだ財産を減らさないように、余計なことは言わず、淡々とやっていけるはず。

でも現役世代は違います。

これからも稼いでいかなければいけません。

世帯数の減少・生活様式の変化。

世帯数の減少は急ピッチ。

ならば、生活様式の変化に対応した商売を多角化に据えて、長期間で育てる努力が必要なのかと。

でも畑違いな商売は失敗の元。

あくまでコアビジネスがあってこその、自社なりの一貫性がある新しい商売を模索すべきかと。

根底はコアビジネスを守らなければという決意の表れ。

だから新しい商売で得た利益は、コアビジネスに換算したらどうなのかを注視しています。

答えは同業者ではなく、他業者にあります。

業界の常識は、他業界の非常識。

そこにコアビジネスの復権のヒントがあるはずです。

2015年9月30日 (水)

結局、最初に結論ありきだと読解不可能なんですね。反省。

最初から定価=RIM価格のことを言ってたのにネ。

別にRIMさんを揶揄してるわけではなく、あくまで平均値ってことです。

数量が多いと安い?

それよりも安定供給かなと。

大手さんは大手さんなりの都合があるのは当然でしょう。

小売りは蛇口を閉められた何も出来ないもの。

それはずっと一貫して掲示板に書いてあることです。

逆に言えば、定価業転で安心と競争力をもっているわけですから、ジョイフルさんは最強ですよね。

だいたい大阪なんて、競争激しすぎて、リムレス2円で買っても普通は儲かりません。

好市況あってのマージンアップです。

・・・・・・・・・・

キャッシュオンで全てまわせればそりゃかっこいいでしょうが、

あえて支払いを遅らせて、回転差で資金を作って、他に回して、さらに回転。

そのほうがよりビジネスライクかなと。

あのアップルは、支払180日で、2日入金って聞いたことあります。

結果、常に何兆円かのキャッシュをもった「金融業者」であって、製造業ではないわけで、

それが証拠に製造は全て外注らしいですね。

2015年9月26日 (土)

1円プラス1円で2円のゲタはかされても・・・

最近のST31掲示板は、言葉足らずを補ってくれる人が減りました。

これまでの系列指標の迷走ぶりを揶揄した私も悪いですが、

前後を読めばわかることを、その記事しか見てないように思います。

なんかこう、うまい言葉で表すなら・・・

・近視眼

・短絡思考

まずは批判ありき。

さらには、売値とマージンで、合計2円ゲタはかされてもネ。

「俺はこんな安い仕入れをしってるんだぞ(・・・買えないけどね)」

そんなん書くと、

猛者は全てわかった上でカマかけするから、

結果的に本当になるかも知れない。

つまりは系列との格差がますます広がるということになることをわからないのかな。

2015年7月10日 (金)

二番煎じ

COD 届け
R114.5 D56.9 K57.5 にしてもらいました。

キリがないので交渉は5分。

ローリーも楽にとれたし、売れてないようにしか思えませんね。

さっさと振込してしまおう。

2015年5月20日 (水)

セミプロ

ST31さんの掲示板。

鬱憤、イライラが爆発してますね。
でもああいう書き込みしてても、誰も助けてくれません。

商売は遊びじゃないと今更ながらに思うわけです。

いわばセミプロとプロが混在しているのがガソリンスタンドの業界なのかと。

プロは常に先を読んでます。
そのために投資をします。

未来の収益は現在のコスト。

だから大企業は、セルフに巨額の資本を入れるわけです。
減販の未来においても、ガソリンを大量に売りつづけるためです。

ただそれも、所詮は「会社のお金」
自らの懐が痛むわけではありません。
だから「採算度外視」なのです。
それでも給料は出ます。ある意味セミプロです。

それに比べて、末端の店は、自らお金をかき集めて、投資しなくてはいけません。
プロとはそういうものです。
なのに、大企業と同じようなものに投資していたら、倒産するのは自明の理です。

現状維持の投資ではありません。

未来を我が手にするための投資です。

今すぐ自問自答するべきです。

2015年5月13日 (水)

ユキチ1枚半?

ずれにずれて、ガソリン小売価格、上がりそうな雰囲気。
というか、一日遅れで仕入れしたばかりに、さやどり失敗(><

年に一回くらいはある凡ミスです。

ユキチ1枚半。。。。

小売り価格は120円台は確実になくなるかな。
133~136円くらいが大勢かな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近は燃料以外の物販に力を入れてます。

自社の資産、人・物・金を使っての延長だから、実質設備投資ゼロ。

あえて投資とすれば、教育費かな。

人も増えたし、スタンドはもっと簡素化していくのが当面の目標です。

無印だから、誰に遠慮もいらないし、収益がある以上は、やめるつもりはありません。

2015年3月27日 (金)

来週の分

R110.1 K54 D52

結局、RIM価格で届くってことになるのかな。。。

どうなんでしょうね。結果論ですから、こうしてあえて書いてます。

2015年3月 2日 (月)

今日入荷分

R112.0 K57.0

キリのいい数字となりました。

最安+30銭といったところでしょうか。

サイトですけどね、、、ニヤ

他で流動性を確保しているので、薄皮一枚、、、いや、三枚なら上出来かと。

2015年2月18日 (水)

逆ハンドル ^^;

軒並み出荷停止の嵐。

やられました。

R109.9 D51.9 K55.7  (+6.5  +7.5  +7.0)

調子こいて、もう一段の上げあるかなと。特に中間が怪しい。。。

これで1月末からの上げ幅は9~10円となりました。

プレミア価格というか、3円分は供給側の穴埋めですね。

2015年2月 9日 (月)

ハンドル

先週末から、ガソリンが上がりだしてますね。
灯油もしかり、軽油は、、、ちょっと弱いかな。

今日の入荷分で先週比+2円。
祝日明けには、、、+3円、、、いや+5円とも。
来週あたりから店頭価格も反応するでしょうから、今週中には給油しておいてくださいね。

こうなると、「最低限下げはない」という判断から、私どもは仕入れに走ります。
ですが、以前と違うのは、タンクローリーが限られているということ。
物があっても運べない、そんなことが現実に起こっています。

今日私が仕込んだ仕入れは、先週のうちに物流から押さえてのこと。
値決めは後から、指値で底値。

ハンドルは常にこちらにあるように心がけてます。

2015年2月 6日 (金)

上がってきましたね

R103.5 D44.2 K48.5

月曜の分 

D 軽油が弱いですね。

さらには祝日明けからまた上がるとか。

でもすぐには市況は上がらんでしょうね。

2015年1月19日 (月)

50円割れ

全油種 50円大台割れですね。

・・・春には元売の大損発表があるのかな。

それなのに巷では息のかかった業者が大安売りしてます。
きっと内部でつじつま合わせが出来てるんでしょうね。

小売りと、元売りの決算を同じに考えてはいけないということかなと。

良いも悪いもなく、商売として成り立っているかどうかでしょうね。

2014年12月19日 (金)

知らないふりをして値切る

明日

レギュラー 112.9 軽油 57.7 灯油 59.9

サイト物、入荷します。

これをみて、特にレギュラーと灯油の指値がいくらか、すぐ想像できますよね。 笑

値下げを早々とする同業をみて、もったいないと思う今日このごろ。

2014年11月28日 (金)

今日入荷分

R126.0 D71.0 K74.5

サイト 民族系出し

原油が今日さらに暴落したので、この数字も、一週間後には、高いのかもしれませんね。

でもメーカーもバカではないですから、下げるときはゆっくりでしょう。

合法的にクラック20円確保?

製販双方に、非常に面白い局面で商売しているなと実感してます。

2014年11月14日 (金)

明日入荷分

R127.7 D73.5 K74.9

サイト 民族系出し

灯油、当然、満タンですが、前回より30銭だけ上がっただけ。

12月での想定は、あくまで+5円以上ですが、

そうなったら、クラックが軽く20円を超えちゃいますね。

なんとも低レベルな経営戦略ですが、

この冬も、元売りボッタクリ作戦はうまくいくのか、見ものです。

2014年11月 2日 (日)

その上に、仕入れは最安値・・・

誰もやりたがらないことをいかにやるかという考え。
まさに商売の本質かと。
どんな商品でも相場はありますが、それに沿っていくだけでは、価格競争しかありません。

私が本業としている燃料小売に関しては、たとえば灯油という商品などは、「高い」「臭い」「重い」というマイナスキーワードが主をなします。
消費財のリピート商品なので、誰もが安いに越したことはないでしょう。

ですが、だからと言って、セルフの自家給油が、お客さんのニーズのすべてをまかえません。
「臭い」「重い」 といった、取扱いに際しての不満は依然残ります。
特にお年寄りにとっては、これらを寒い冬場にすることは苦痛でしかありません。

私は、この灯油という商品を、配達というサービスで付加価値をつけて販売しています。
相場よりは、かなり高いと思います。
ですが、必ずリピートが発生します。

それは、お客さんの不満の解消を、サービスとして取り入れているからです。
同じ高いなら、高いなりの理由がなりません。

一番の肝は、計画配送です。
安心見守りパックとでもいいましょうか、無くなる前に補充をしに行きます。
お客さんは、いちいち電話をする面倒がなくなります。
そのうえで、各家の所定のタンクの置き場所まで運びます。いわゆる軒先です。
お客さんは、重いものを持たなくて済みます。
計画配送ですので、伝票を切って、あとで請求書を発行して口座から引き落としてもらいます。
お客さんは、都度、現金を用意する必要がありません。
リピートですから、その家の使用量を把握しており、消費する器具の種類もわかります。
器具の調子が悪いとき、いちいちメーカーに問い合わせるのは面倒なので、それをウチで請負います。
お客さんは、気軽に相談できるという「安心」、そして安い修理代金でメンテを受けることが出来ます。

これをほとんどの灯油販売店はしません。
配達はしても、器具の面倒はみません。
理由は、必ず売れる消費財ゆえに、商品力だけで売れていくから。
なので、売ることには熱心でも、それを売るだけで終わらせています。

だから、私は高粗利でも売れます。
計画的に配送できるから、時間と手間を節約できます。
現金のやり取りは、口座間なので安全です。
灯油の関連商品である、ストーブや給湯器などを売ることができます。
お客さんには優しく、メーカーや問屋には厳しいので、修理などは都度交渉価格です。

匂いが「臭い」と気になさるお客さんには、ガス器具やエアコンを勧めます(笑

2014年10月17日 (金)

もう128円台ですって

3円どころか、その下をくぐる勢いです。

つまりはガソリンの小売り価格も下がるということですが、

地域によって、下げのスピードに温度差がでるでしょうね。

なんにせよ、ガソリンが安くなって、一般消費者が悲しむことは100%ないわけで。

久々にきたオアシス気分なのは、PBだけかな。。。

2014年10月16日 (木)

ガソリンは3円の下げ余地

業転は下げだしたら早いかといえば、最近はそうでもなく、

原価ギリギリまで極端に皆が競って下げてくる時代は、すでに終わってます。

昨日も、後決めにて、

下げ途中の認識で、特にガソリンはその傾向を強く意識しながら、

R131.8  D76.7 

(Rは二次基地 中間は製油所) 

という仕入れとなりました。

誰も指標がないといいますが、RIMさんでいいのではないでしょうかね。

逆に言えば、原油が再高騰したときには、今が底値かなと。

指標を絶対的底値と思うからおかしくなるのであって、要は指標の使い方が違うのです。

動きがなければ、ズルズル下がるだけでしょう。

2014年9月25日 (木)

明日入荷分は

R136.2  D79.9  K81.3  

Rは二次基地。

中間は製油所 みたいです。

灯油は満タン。ここからまだ下がるのならそれでよし。

でもそう簡単には問屋が卸さんでしょうね ^^;

2014年9月22日 (月)

今年の灯油はどうなるんだろう。

夏ごろに、業転がほぼカルテル気味に高値にへばりつくのを見ていて、

今年の冬は、久々に系列玉の横流しのお世話になる可能性を考えました。

今あらためて現状をみてみると、タンクには81円後半の灯油。

これがじわじわ上がるとして、83円ほどで早めのシーズンスタート。

12月にあと5~7円ほど噴いて、メーカー利益が20円以上確定。

・・・なんてシュミレーションしてみましたが・・・どうなんでしょうね?^^;

今の原油レベルなら、今年も店頭は高い灯油なんですよね。

そろそろ「目覚めて」、仕入れを探っていこうと思います。

2014年8月13日 (水)

転売について

まんだらけ の対応について。

警察が、万引き「ごとき」に真剣に取り合ってくれないから、顔写真騒動になっただけのこと。

それを言うに事欠いて、「捜査に支障がでるため」公開中止を要請とは、笑止。

もっといえば、古物商の認可は、警察の仕事。

古物商とは、転売の際に、中古品が盗品でないことを証明するためのお墨付き。

まんだらけが憤慨するのも良くわかる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

妖怪ウォッチ。

オークションで価格がつりあがるのは仕方ないとして、

それ以外のネットショップが定価越えさせるのはいただけない。

販売手数料は、売上額に比例して上がる仕組み。

矢面は、転売業者。。。

これも商売の裏の側面。

スポンサードリンク

楽天

フォトアルバム

よくわかる石油業界

相互リンク

アクセスマップ

Powered by Six Apart
Member since 08/2008